大阪が誇る伝統芸能 ~オトナ乙女初体験ツアー~

d0244833_1324519.jpg


 
TMKさまから嬉しいお誘いメールが届き、出かけて参りました。

 
2011年春に撮影会で初めてご一緒させていただいてから、実に3年半ぶり!

 
そして、お互いに人生初の文楽鑑賞と言う事で....

 
私も、ジャニ魂とはまた違うドキドキ感でいっぱいでした。(笑)






d0244833_13281318.jpg


 
和風モダンな建物も素敵です。

 
恥ずかしながら、国立文楽劇場がこんな所にあるなんて知りませんでした。

 
外観を撮り回って、幕の内のお弁当をGETして、募る話もそこそこに。

 
今回は、TMKさまのご友人である劇場関係者様のご厚意で、

 
バックヤードを拝見させていただくことが出来たんです!


d0244833_13344394.jpg


 
楽屋口を入るとすぐ、演者様方の出席札がありました。

 
誰が来ているか解るタイムカードのようなものだそうです。

 
こんなものひとつひとつが新鮮で魅力的で、

 
2人でカメラを向け出すと進まないw

 
第二部が始まるまで時間がないぞっ! いよいよ文楽人形とのご対面です♪


d0244833_13364156.jpg


 
上品でダンディな人形遣いの技芸員様に操り方をレクチャーいただきました。

 
1体を3人がかりで演じていく文楽人形ですが、

 
女性の人形は、頭の部分と肩に入った板以外は空洞で脚もないので、

 
思っていたよりずっと軽くて驚きましたが、

 
長時間、顔と手先の表情を動かしながら演技をさせていくのは大変です。


d0244833_13484039.jpg


 
美しく妖しい魅力の文楽人形❤

 
口元に付いている針は、袖口や手ぬぐいを引っ掛けて演技するためのもの。

 
人形遣い様の手に抱かれた瞬間、命が宿ります。

 
袂を引き寄せ首をかしげる仕草ひとつでさえ、洗練された技にため息ばかりです。


d0244833_1415681.jpg


 
ワイルド系の男人形たち。はだけた着物からのぞく分厚い6パック、

 
糸で作った胸毛もチョロ~ン☆ ...と素敵でしたよw


d0244833_14104934.jpg


 
そして、開演前の舞台へ上がらせていただきました。

 
何枚もの背景が、上からすぐ降りて来て使えるようになっています。

 
時間が無かったり暗かったりでじっくり撮れなかったのが残念だったけど、

 
演者様の履く舞台下駄や、演技に使われる小道具なんかも魅力的で~

 
中・高と演劇部だったわたくしめには、

 
この舞台上に立つ...という感覚に、何十年ぶりかに血潮が騒ぎました(笑)


d0244833_14175298.jpg


 
黒・柿・萌葱色のこの定式幕!この幕を見ると、伝統芸能って思うなぁ~ 

 
同時に、おにぎりせんべいも思い浮かんじゃったww


 
国立文楽劇場 30周年記念の出し物として今回拝見させていただいた演目は、

 
第二部の『奥州安達原』

 
太夫・三味線・人形の三位一体が織りなす文楽の世界....

 
無形文化遺産としての価値は十分あると思います。

 
が?

 
正直な感想は、ただ観てるだけじゃ、初心者にはあらすじと登場人物の相関が解らない。

 
太夫様の演じる床本の字幕が舞台の上に出るのですが、

 
歌舞伎も同じだと思いますが、言葉が昔過ぎて難しく、すべてを理解するのは不可能です。

 
あの字幕が、床本じゃなくて現代語訳なら良いのに....

 
現代語での解説を聞くには、別料金でイヤホンガイドを借りるか、

 
公演プログラムを購入して、開演前に熟読するか、解説と照らし合わせながら見るしかない。

 
この演目のあらすじを、少しだけネットで調べて読んでましたが、

 
そんな間に合わせの予習ごときでじっくり楽しめる余裕はゼロでした。

 
休憩挟んでも、4時間という長い公演時間で、ガッツリの時代物。

 
初心者には高過ぎる敷居というかハードルで、

 
あらすじにさっぱりついていけなくなるとつまらなくなって、急激に襲う睡魔。

 
途中、2回ほど意識不明に寝入ったのは事実です。f(´-`;)ポリポリ


 
大阪に.... 関西圏に生まれ育ちながら、文楽を観た事が無い。

 
半世紀も生きて来て、誰ひとり私の周りで文楽を観てきたって話を聞いた事が無い。

 
多分、私の周りに限らず、これが文楽の大阪での現実でしょう。

 
来年度から補助金廃止が決定し、後継者の育成にも陰りが見えてきそうですが、

 
連休の最終日での記念公演で空席もあり、10代~20代の客層の姿は皆無。

 
安くはないチケットにお金を出して足を運ぶにはやはり、大衆性に欠けると思います。

 
私も、今回のように『招待』っていうきっかけが無ければ、

 
一生文楽とは無縁なままだったと思います。

 
チャンスがあれば他の演目...心中ものなんか観たい!写真もリベンジしたいし。

行きますよまた、お金払ってでも。 オトナ だからね。

でも、20代の私だったら.....きっともうパスかな。

幅広い世代をキュンとさせなきゃね。 ジャニーズみたいに(笑)

文楽とジャニーズのコラボ どう?? 私は激しく観たい!


d0244833_15173949.jpg


 
長々とすいません。

 
TMKさまとはこの後、リベンジを誓い合って乾杯、焼鳥屋で女子会しました♪

 
何度も撮影会を計画しながら、自然災害や身内の取り込みやで実現出来てなかったので、

 
やっとご一緒出来て、本当に嬉しかったですヽ(´▽`)ノ ありがとうございました。


文楽 観た事ありますか? 観たいですか? 観てどうでしたか?

[PR]
by butterfly_mie | 2014-11-30 15:29 | ある日ある時