守らなくてはいけなくなったもの....



     その姿は、なぜ消えて行くことになったのか?


d0244833_120749.jpg


       今回の遠征の目的のひとつであったこの蝶たちは、
       年々その数と生息地を減らし、絶滅しようとしています。

       彼らが生きて行くのに適した環境は、どうしてここにしか残っていないの?








d0244833_12224767.jpg


      ウスイロヒョウモンモドキ  絶滅危惧Ⅰ類 (絶滅の危機に瀕している種)

      もともと、中国山陽地方にしか生息していない蝶だったようですが、
      今....その姿を見る事が出来る場所は、ほんの僅か。
      
      地域の方々を含めての熱心な保全・保護活動のおかげで、
      かろうじてこうして姿を見せてもらえていますが、
      それでも数が増えていくという事はないようです。

      





d0244833_12515986.jpg


       岡山県の某高原へ着いてすぐ、最初のウスイロさんが現れました。
       第一印象は、 『ちっさーw( ̄▽ ̄;)w』
       大きさといい、色味の雰囲気といい、サカハチチョウの春型と似てるなぁと思いました。
       もうそんなにピカピカの個体は居ませんでしたが、
       希少種との出会いはやはり感動的です。
       裏翅がとても美しい模様でした!




d0244833_12591576.jpg


      ヒメシジミ
      そして、ここではたくさんのヒメシジミたちにも出会えました。
      西日本のヒメシジミたちにも、この辺りでしか会う事が出来ません。
      現地で出会った方の話によると、
      これでもヒメシジミたちは減ってしまったとのこと。 以前はほどいたらしい....
      ヒメシジミたちもまた、希少種の一種になってしまっています。





d0244833_1325532.jpg


       ベニシジミなんてほとんどいない(笑)
       辺り一面でチラチラ飛んでいるのはヒメシジミ!∑(ёロё)ホエー!!
       所変われば.....を実感☆



d0244833_13132466.jpg


       人の手が入る牧草地だった頃が、
       ウスイロヒョウモンモドキにとって居心地が良かったようです。
       使われなくなり放置され、荒れて食草などが育たなくなってしまったからでしょうか?
       草丈1mほどのススキなどの明るい草原...
       同じような条件の場所はあるように思うのですが、やはりダメなんですね。
       他の生息地でさえ、手厚い保全活動をもってしても、
       姿を見られなくなっていく場所があるようです。
       何をどうしてあげたらいいのでしょう? 
       蝶たちと会話が出来て、要望を聞いてあげられたら....そう思うと切ないですね。

       とにかく、採集圧での絶滅だけはさせたくないですね。
       いい加減、数を減らしてると解ってる蝶たちに網を振る人たち絶滅して欲しいです。
       そういう時代ではないと思います。
       「自分1人くらいが捕ったって...」 は、もう通用しません。


       ザワザワと風に揺らぐ草の中から、緩やかに現れる小さな蝶。
       絶滅したと思われている場所でさえ、実はひっそりと強かに残っていて欲しいな.....
 



d0244833_13402841.jpg

[PR]
by butterfly_mie | 2012-07-22 13:46 | 虫撮り部活記

心の瞳で切り撮った素敵♪


by butterfly_mie