2012 Luehdorfia japonica



     春の女神との限られた....大切な時間:.。.:*☆

d0244833_15222955.jpg


       今年は、昨年より色々な表情のギフチョウを観る事が出来ました。
       会える場所も、会いに行ける時間や天気も限られた中、
       運の強い方に便乗させていただきながら(笑) 何度か通いました。

       関西では、あと少し姿を見る事が出来るのかな.....
       私は、これで撮り納めとなりました。
              





d0244833_15422722.jpg


       学名 リュ―ドルフィア ジャポニカ
       その名の通り、日本の固有種である美蝶という魅力だけでなく、
       蝶たちの姿が見れない冬を終え、
       渇いた心に鮮やかに沁み込む春だけの儚い出会い.....
       そんな出会いのシチュエーションが、
       春限定の蝶たちの中に君臨する “女神” と位置付けたのかなぁ~ (*´ο`*)=3 はふぅん







d0244833_15583371.jpg


       今回は、幸運な事に産卵シーンを撮影する事が出来ました!!ヾ( ´jjёjj`)jjёjj`)jjёjj`)ノ
       藪の中を低く器用にすり抜けながら、
       ちゃーんと適量に日光の当たる場所の、ヒメカンアオイを見つけ出します。      
      
       つぶらな黒い瞳が潤んでるように見えたっ!!・:゚(*ノΘ`)゚:・ウルウル
       (。「´-ω・)ン?ウミガメチャウチャウッ 感動で潤んでたのは、私の瞳やったんかな?

       それにしても、この裏翅の美しいことっ!
       そして、もふもふのボディーに黒いお目々の愛らしいことっ♥♥


d0244833_1613158.jpg


       宝石のように美しい卵たち・゚・。+。・゚・。+
       まるで、お尻に目でもついてるかのようにキレイに産みつけています(笑)
       来年、どれだけの子たちが無事に羽化出来るかなぁ.....
       『君たちのお母さんに会ったんやでぇ~♪』 そう伝えられるといいなぁ~

       残念な事に、今年も何人もの青ネットたちを見かけて嫌な思いをしました。
       ええ大人になってからも希少種と解ってながら網を振るなんてp(#`皿´)q
       しかも...地元の人たちは、
       こんな宝物が身近に居て、絶滅の危機にさらされてる事さえ、
       ほとんど知らないというのが現実です。
       

       “( ゚Д゚)ウァッハハ八八ノヽノヽノヽ こんな時期に蝶なんて飛んどらんやろぉー”  
       通りがかりのお爺ちゃんに笑われてしまいました(ι´・ω・`;)...ダレカセツメイシテ   



d0244833_1648220.jpg

 

       ツツジギフさんは、遠過ぎて撃沈....トリミング証拠写真。 ガーン…(。ω。*)))ドテッ
       でも、来年リベンジする課題は、楽しみとして残さなくちゃね♪.....と言う事にしおこう(TωT、)




d0244833_16411482.jpg
     

       この日は、ひとつのポイントで朝から夕方まで、約8時間待ちました。
       カメラ抱えて、右へ左へ小走りながら~
       ガッカリしたり喜んだり、ネットマンの悪口言ったり~(笑)
       行列の出来る店とかなら、絶対にこんな何時間も待てないけど、
       ギフチョウが飛んでくるなら苦にならない。
       そこまで夢中になれる何かがあるって、改めて幸せな事と感じました♪

       今年のギフ遠征、1枚も撮れなかった日も含めて3日、
       自宅からの往復含めて、総移動走行距離.....約700㎞強☆ ヒー!! ノ)゚Д゚;(ヽヨウヤルワァ
       近くで会えないのが悲しいなぁ~。゚・(o´PД`q)

       懲りずに会いに行くからね! また来年、美しい舞い姿が見られますように!




d0244833_1763263.jpg
      




            
[PR]
by butterfly_mie | 2012-04-27 17:11 | 虫撮り部活記 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://butterflym.exblog.jp/tb/15784786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅん at 2012-04-27 21:05 x
きゃー2度も春の女神とご対面かって驚いてたら
産卵シーンまで~ヾ(*´∀`*)ノ
粒々の卵さんマスカット色でほんとに綺麗~~
グリーンパールってあったらまさにこんなんだろうなぁ(*´ー`*)ポワーン
おちりを曲げて葉っぱの裏に産みつけてる様子って
感動的だよね~♪
おまけにこんな接近して綺麗に撮れてるし~☆(>v<*)

レアな子達はどうしても捕獲者の標的になるから
嫌な思いほんとにするよね。。(;∀;)
楽しく撮っててもさっき撮った子は大丈夫かなぁーとかって心配になってきちゃうし~

でもピンク色のツツジとのコラボやタチツボスミレ?を
チューチューしてる所撮れたら700km走破の苦労も
報われるもんだーー(笑)
ってか700km。。。。すげぇーー(爆)
夏のシーズンに向けてオイル交換はこまめに~~~(笑)
Commented by butterfly_mie at 2012-04-27 23:06
じゅんチャン、
今年は今まででイチバン個体数を観れたの~(撮影数は別にして)
通ったポイントは、「当たり年」やったのかもしれない!
やっぱり、その年によって全然違うみたいなの。
産卵中の♀は近づいても逃げないから、
少しずつ近づいてマクロで撮らせてもらえたよヽ( ´¬`)ノ
この卵、何かに似てるって思ったらー
「浅田飴クール」にクリソツやでぇ(゚▽゚*)ノ彡☆バンバン!!
近くに住んでたなら、観察に通うのになぁ....残念☆

採集者たちの中でも、♀は採らないとか、
ちゃんと絶やさない事を考えてる人なんてごく僅かと思う。
有名な場所には色んなナンバーの車で押し寄せて、
片っぱしから採ってて居なくしてしまうもの....
干からびた標本があればもう、
こんな美しい蝶が見れなくなってもエエと思ってるのかな?
嘆かわしいねぇ....

来年はもう少し近くで吸蜜シーンを撮らせてもらいたいな~
なんて贅沢な願いやけど(笑)
ツツジやスミレの咲く雑木林の周りで飛ぶギフさんの雰囲気を、
少しでも感じてもらえたら嬉しいよぉ~∩(´∀`)∩
うんうん、ちゃんとオイル点検もしてもらっとくわー☆
Commented by tmk-efuyon at 2012-04-28 00:13
女神さまなんや~♪
ホント、そうですね!!!
女神さまを独り占めするなんてーっ!
成敗してやりたいよぉ~(プンスカ怒)
スミマセンスミマセン、それでは気を取り直して・・・
女神さまの貴重な姿を堪能させてもらいました♪
惚れ惚れしますよん。
Commented by みやごん at 2012-04-28 07:50 x
チョウのコレクターの標本を見ると
ああキレイ、いい趣味をお持ちで・・・なんて
感想をもらしてたアホ~なアタシ。
こうやって飛んでる姿や卵産んでる姿見てたら
なんかあのチョウの死体のコレクターらが
ものすごく残忍な独裁者に思えてきた。
法律で縛れないのかなぁこういう輩。
貴重な日本種、取ってはいけませんとかさ?

700km、8時間!!!!!
すごすぎです。ものすごい熱意です。
も~その行為に脱帽。
そこまでの愛情あったら、何でもなせる!
見習わなな、アタシもがんばろ♪
Commented by yoriko at 2012-04-28 20:48 x
わぁ~ギフチョウ☆また会えて嬉しいです^^
卵本当に美しいですね!!うんうん^^宝石みたい!!!
産卵のシーン見せて頂けて、すごい嬉しいな☆
綺麗ですね。何だか感動しちゃいました^^
いつも思うのですがmieさんの写真って愛に溢れてますよね。
見ていてじーんとしちゃうんですよね^^
8時間に700km本当に凄すぎます!!!
Commented by butterfly_mie at 2012-04-29 14:22
TMKさま、
そうなんです、女神は誰かのモノであってはいけませんね。
和歌山にもかつては生息していたのですよ~
採集者によって絶滅させられてしまいました.....
もうこんな事があってはなりませんね。
Commented by butterfly_mie at 2012-04-29 14:30
みやごんさま、
もちろん、研究のためや保護のために必要な採集もあります。
公共機関で標本をたくさんの人に見てもらうのも必要やけど、
個人的なコレクターはどうかな?
網に入ったばかりの蝶の体を指で押し殺すんですよ。
バイキンを散らかすゴキブリを叩き潰すのとは訳が違うよね?
美しいのは翅だけじゃない....命あってこその輝きと思うし。
地域によって法律で保護してる場所もあるけど、
見つかってもせいぜい書類送検くらいかな....
どうしようもないね。

愛情注ぎ過ぎて私がガス欠(笑)
連休中はフィールドも人が多くてアカンしーおとなしくしてます~
Commented by butterfly_mie at 2012-04-29 14:34
yorikoしゃ~ん、
うんうん、また会いたくて出かけてきました♪
産卵シーンって、やっぱり感動しちゃうよね~
自分で子育てする生き物じゃなくても、
こうして卵のために最高の条件を探しまわって、
限られた命の力を振り絞って産みつけるんやもん、
最高の母性よね?
少しでも伝えられたなら良かった!
来年もまた見てもらえるよう、健やかに育って欲しいよぉぉ☆
Commented by Nobuzo at 2012-04-29 19:02 x
そこまでやるんですね。
情熱のかけ方が違う。
とても真似できませんが、少しは見慣います。
つぶつぶの卵が綺麗。
Commented by butterfly_mie at 2012-04-30 01:02
Nobuzoさん、
ほんまに...興味の無い人からすれば、
“アホちゃうか?” ですよ(笑)
でも、そこまでしても会いたい魅力があります。
Nobuzoさんも是非一度会いに出かけてみてくださいね~
Commented by ナーリー at 2012-05-01 11:46 x
充実した春の部活動ですね♪
これだけ夢中になれるのって本当に幸せですよね!
私も色々と広く浅くだけど、何もないより嬉しいですもの(o^-^o)
もっと融通が利く身だったらなぁ~
行けなかった分、mieさんのブログで会いに行った気分に
させて貰いましたよ~!!
゛v(^_^ v)=アリガトウ=(v ^_^)v゛
Commented by コサ at 2012-05-01 14:03 x
お久しぶりです~
えっ 8時間?! 凄すぎる!!
最近、少しは蝶人の力が身についた?って思ってましたが、ここで思い違いだと知らされました(笑)
産卵シーンなんて・・・ 次元が違いすぎるww
Commented by masa at 2012-05-02 05:14 x
春の女神さん遠征お疲れさまです。
それにしてもすごいパワーですね(^^)

私は今年1回しかいけなかったけど素敵な写真を拝見して
お腹いっぱいになりました。
Commented by butterfly_mie at 2012-05-02 10:05
ナーリーちゃん、
充実...と言っていいのか?(笑)
とにかく、里山のなーんも無い場所なので、トイレに行くのも一苦労.....
車飛ばして最寄駅のトイレまで~☆ 
女はめんどくさいq(*′□`;)pil
良い時期に忙しくて残念やったね....
東北の方は、ヒメギフさん壊滅的な場所もあるみたいやね?
長野は大丈夫かなぁ....
足腰の動くあいだに、一緒にヒメギフ実現させたいねぇ~♪
Commented by butterfly_mie at 2012-05-02 10:08
コサさん、
ホンマにご無沙汰ですね~(笑)
蝶も鳥も、好きで追いかけてる人には、
このくらいの試練は日常と言っていいと思います。
一瞬の出会いを待って.....恋人だってこんなに待てないよね(笑)
身近な蝶の産卵シーンなら、
そんな難しい事ではありませんよ~
Commented by butterfly_mie at 2012-05-02 10:11
masaさん、
今年はギフさんの季節に平日の休みが合ったので、
お天気に合わせて全部使いました(笑)
来年は都合がつくかどうかわかんないし....
チャンス日は迷いは禁物☆
常識を覆す事実に出会いましたよ!
Commented by うyt at 2012-05-02 22:12 x
うらやますぎます~(≧∇≦)
こちらでは山登りしないと見ること出来ません、虫無視で撮影会やったけど不参加だったしー
楽して撮影出来るならソッチに参加したい気持ち(-_-;)
Commented by butterfly_mie at 2012-05-04 13:03
うytさん、
山登りせずに会える場所を探す努力が必要やと思うよ(笑)
こっちだって、楽して撮影できてるわけではないです.....
楽過ぎてもつまんないしねw
Commented by kazz at 2012-05-04 15:54 x
mieさん主役で「情熱大陸」が撮れる?ってぐらいの情熱(^^)
産卵シーンと卵、いいもの見せていただきました<(_ _)>
Commented by butterfly_mie at 2012-05-06 10:22
kazzさん、
主役はいつも蝶たちやで~
やっぱり...ギフさんって、それだけ惹きつけられます♪
今回は、雌が発生してから行ったので、
もしかしたら....なんて期待もチラリ☆
でも、実際に産卵シーンを撮影できたのは、
とても幸運やったと思います。


<< 2012 春の総集編 ① 2012 Spring eph... >>